OMAR BOOKS

omar.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 19日

色抜きで。

曇り。束の間晴れて次第に雲が多くなる。
お天気午後から崩れるらしい。

昨日からの続きの読書。
武田さんの文章になぜ人が魅了されるのか、
ずっと考えていたら、保坂和志さんの
「視覚は「ある」ものの全肯定だ」
というのを思い出した。
Y本さんも、彼女は裸眼で見たような文章を書くって
言っていたっけ。色眼鏡で見る、というけれど、その色が
無色。大人になると大抵色が付いている。
色抜きで見ることがどれだけ難しいか。
だから束の間、読んでいる間だけ彼女の眼差しで
一緒に旅をする。

読んでばかりもいられない。
返ってきた校正を返したり、手配いろいろ。
合間に読んでいるコラムが面白い。
アーヴィングや城山さんの話が出てきた。

今週の流球茶館さんでの準備。
ちょっと思いついたことがあるのでやってみよう。

最近気になること。
老年の女性をお店の近くで見かける。
昨日は村の福祉課の方が来てそれについてお話。
認知症ではないみたいだけれど、お話を聞いてくれない
とのこと。会釈をするとかすかに応えてくれるので、
単に休んでいるだけなのかもしれない。
熱中症が心配だけれど水は飲んでいるようだし、
ちゃんと選んで木陰で休んでいる。
近所で見守っている状態。
ご本人はそっとしておいてもらいたいのかもしれなくて
でもそれをうまく説明できない、、などいろいろ考える。
見知らぬ他人にどこまで介入するか、難しいな。
とりあえず様子を見ることに。
[PR]

by suikimama | 2015-06-19 12:01 | OMAR | Comments(0)


<< キャッチボール。      やたらと。 >>