OMAR BOOKS

omar.exblog.jp
ブログトップ
2015年 11月 26日

物を作るひとたち。

晴れ。冬が来た。
インスタントのポトフ。野菜だけは新鮮なので
それでよし。
農業高の卵の膨らむこと。やっぱり違う。
実業高校の図書室にいたときのことを思い出した。
専科の先生方には職人のような面白い方が多かった。
用務員の方も。頼むとアイディアを出して本を運ぶ
木製オリジナルカートを作ってくれたり。
菜園の野菜を一緒に作ったり。
三線作りがプロ並みの方もいたな。
物作りを楽しんでいて、皆親切で優しい人たちだった。
それにそれぞれのさりげない美学のようなものを
まとっていた。
今はどうなさっているだろう。

そんなことを考えたのも、向田邦子さんの
「マスク」を久しぶりに読み返したからかな。
この時期になるといつも読みたくなる。
文章は短ければいいものじゃないし、
長ければいいものじゃない。
これはたった5ページ。完璧。
この中には人と人が出会う一回性の
時間の美があるなあと思う。
それを著者はこの中で"聖夜"と呼ぶ。

そろそろツリーを飾ろう。
今年は譲ってもらった大きなツリー。
f0234682_10293224.jpg

[PR]

by suikimama | 2015-11-26 10:32 | OMAR | Comments(0)


<< タイトル変更。      分からない。 >>