OMAR BOOKS

omar.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2015年 02月 26日

MONKEYフェア。

◎文芸誌MONKEYフェア始まりました。
柴田元幸さん責任編集『MONKEY Vol.5「死者の歌 イギリス・アイルランドの物語」』
に合わせ、今だと店内にてバックナンバーが揃っています。

f0234682_17432148.jpg

[PR]

by suikimama | 2015-02-26 17:43 | OMAR | Comments(0)
2015年 02月 25日

2月のスケジュール

◎2月のスケジュール
2/24(火)臨時休業
2/25(水)14:00-18:30
2/26(木)16:30-20:00
2/27(金)15:00-20:00
2/28(土)読書会使用のため、お休み
[PR]

by suikimama | 2015-02-25 11:32 | OMAR | Comments(0)
2015年 02月 25日

海沿いの道

「ヘンリー・キタリッジは長いこと隣町で薬局を営み、冬の道でも、雨の道でも、
毎朝、車を走らせて通っていた」
 
という書き出しで始まるのは、アメリカ北西部の港町を舞台にした、
エリザベス・ストラウトの連作短編集『オリーヴ・キタリッジの生活』の中の
「薬局(Pharmacy)」だ。

最近自宅から自分のお店に通う車のルートを変えた。まだ新しい道で、
途中拓けた海沿いに出る。植えて間もないと思わせる小さなヤシの木が
並ぶ沿道の緩やかなカーブに合わせてゆっくり車を走らせていると、
遠く広がる海が防波堤の間に見え隠れする。晴れて雲のない日は
鮮やかな青のグラデーションがずっと先まで見通せ、キンと冷えた冬の朝には
濃紺の水面が重そうにゆらゆら揺れているのが見える。この場所を前から
知っている気がしていたら、この短編の冒頭が目の前の風景と重なった。

主人公ヘンリーは、彼が営む薬局と家を行き来する人生を送っている。
淡々と季節が移りゆく美しい海辺の景色の中で、代わり映えしない日常を
送るかのように見える登場人物たち。しかし彼らの人生ではドラマチックな
出来事が展開している。「普通」に生きる人々の心の揺れを繊細に描いた
素晴らしい作品で、折にふれ読み返す。

海沿いの風景は、どこであれ、そこに暮らす人たちにどこか似たような
気持ちを思い起こさせる。それをうまく言い表す言葉がまだ見つからない。

今日も海沿いの道を通る。ジョギング姿の女性、自転車を押して歩く人、
堤に腰掛けぼんやりする人、散歩風の老年のご夫婦。その脇ではこけに
覆われた浅瀬の岩が静かに波に洗われている。近くに中学校があり、
冬に入ってジャージ姿でぞろぞろ歩く学生の群れを見かけるようになった。
つい懐かしくて運転中も目をやってしまう。そのにぎやかな列から離れて、
クラスメートに付き添われた松葉づえの女の子がゆっくりと歩く姿が
目の端を過ぎていった。
 
すぐ傍らにある穏やかな海とは対照的に、私たちはたいてい忙しなく考え事を
している。あんな事言わなきゃよかった、牛乳切れてたな、メールに返事
返さないと、とか。生活に付随するさまつな事のすぐ側に、海があるということに
時々深く感動する。
(沖縄タイムス2015.1.27「唐獅子」)
[PR]

by suikimama | 2015-02-25 10:25 | 唐獅子コラム | Comments(0)
2015年 02月 23日

◎2/22イベント終了いたしました。

◎『 数学の演奏会+対談 ミシマ社代表 三島邦弘 × 独立研究者 森田真生』 in 沖縄 2015
おかげさまで、無事終了いたしました。たくさんのご尽力で言葉では表しきれない、素晴らしい場になりました。ご参加、ご協力頂いた皆さま本当にありがとうございました。
f0234682_20391085.jpg

f0234682_20401517.jpg

f0234682_20413154.jpg

f0234682_2042285.jpg

f0234682_20423893.jpg

一部の「数学の演奏会」から二部の「対談三島邦弘×森田真生」へ。
f0234682_20462072.jpg

f0234682_20485460.jpg

f0234682_20492634.jpg

f0234682_2050294.jpg

f0234682_2053787.jpg

f0234682_20545726.jpg
f0234682_20542277.jpg
f0234682_2053501.jpg

f0234682_2059481.jpg

f0234682_211534.jpg

f0234682_2123981.jpg

[PR]

by suikimama | 2015-02-23 21:23 | イベント | Comments(0)
2015年 02月 20日

◎2月のイベント

◎今月開催予定のイベント
イベントへの参加のお申込み受付スタートしました。
お申し込みはどうぞお早めに!
『 数学の演奏会+対談 ミシマ社代表 三島邦弘 × 独立研究者 森田真生』 in 沖縄 2015
日時:2015年2月22日(日)
   13時開場/13時半開演
場所:普天満山神宮寺
内容:一部と二部入れ替え制
――――――――――――――――――――――――――――――――――
<一部>『数学の演奏会』(ショートバージョン)
出演:森田真生
  
<二部>『対談 ミシマ社代表・三島邦弘 × 独立研究者・森田真生 』
  内容:対談&ブックトーク+ワークショップ
[22世紀をテーマに、数学と出版から考えるわたしたちの未来]
定員:
一部  80名 (残32名)
二部  50名 (残14名)

参加費:チケットなし(申し込み制)
    一部2,800円(前売り)3,000円(当日)
    二部2,300円(前売り)2,500円(当日)
               通し4800円
<学割>中学生以上
      一部1500円(一律)
      二部1200円(一律) ※子ども同伴可
・ミシマ社の本をジュンク堂書店さんで購入された方の
特典割引は当日券(通し券も含む)一回限り有効/学割との併用は不可


出店:『フクロク亭』『和食 要』
ジュンク堂那覇店/書籍販売あり

主催:OMAR BOOKS(問い合わせ・申込み)
098-933-2585/ suikimama@ybb.ne.jp
メールでも受け付けています。
協力:チーム222

f0234682_23273355.jpg

f0234682_23281014.jpg

[PR]

by suikimama | 2015-02-20 15:16 | イベント | Comments(0)
2015年 02月 18日

カウントダウン。

晴天。空気もどこかゆるんだようで暖かい。
でもまだ冬が終わりなのか半信半疑。
運転中も満開の桜をよく見かけるようになった。
f0234682_17432138.jpg


校正もひとつ済んで、コラムも送ってひと息ついたと
思ったら、また次に取りかからないといけないことに気付く。
あせらない、あせらないと言いきかせながら取りかかる。
スタートしてからこの方向でいいのかなと探り探り書いている最中。
一貫した隠れたテーマみたいなものがあるのだけれど、
先日知人がさらっと当てた。伝わるものなんだ、とちょっと驚いた。

222のメンバーも各自で準備中。
最後の打ち合わせも終わって、あとは個別に。
一人は大事な仕事があって抜けるも気持ちは一緒。
熱で寝込んでいたTさんは回復しつつあるよう。
ぎりぎりまで気が抜けない。

ミシマ社さん、森田さん、ジュンク堂さんにタイムスケジュールも
送り終え、あとは買い出しなどのリストアップ、アンケートほか
こまごまとしたものも揃える。
テーブルなどもあるからけっこうな荷物。
当日だけの搬入でいけるだろうか。。
あと託児スペースでお願いしたNさんからのスケジュールの
返事待ち。それにしてもいいタイミングでぴったりの人材が見つかった。
専門だから安心出来るので、肩の荷が下りた。
こういうときお店やっていて様々な職種の方と自然に知り合えるので
恵まれているなと思う。

お店のあと夜も打ち合わせ。
いよいよカウントダウン。
[PR]

by suikimama | 2015-02-18 18:06 | OMAR | Comments(0)
2015年 02月 17日

今週の入荷。

晴れ。薄曇り。
春の陽気で暖か。

こちら入荷しました。
文芸誌『MONKEY 特集—死者の歌 イギリス・アイルランドの物語』
「イギリス・アイルランド文学は、現状を拒絶するよりも
現状と折り合いをつけようとする文学である」
(編集長・柴田元幸さんのあとがきから)
「職業としての小説家」という村上春樹さんのエッセイも収録。
読むと勇気づけられます。
f0234682_15512288.jpg


イベントも今度の日曜に迫ってきました。
引き続きお申し込み受付中です〜
こちらまで→OMAR BOOKS
098-933-2585/ suikimama@ybb.ne.jp
[PR]

by suikimama | 2015-02-17 16:26 | 本棚 | Comments(0)
2015年 02月 14日

もうすぐ。

晴れ。日中は暖かい。
遠くに春の気配。

読書会の準備もひと通り済んだので、そろそろブックフェアの準備に
取りかかる。3月〜4月のスケジュールも立てねばと思いつつ、
校正も返ってきたりでなかなか進まない。
コラムも少しずつ反応出てきて嬉しい。

イベントも残り10日を切った。
メールや打ち合わせにだいぶ時間を使う。
皆、本職の出張などもあったりで日を変え、それぞれずらしながら
役割分担。それぞれ自主的に動いてくれていて安心。
イベントページも再開。下見も行ってくれてとても助かる。
参加者への特典もこの前メンバーと作り終えたので、
あとはタイムテーブル、レイアウトに音響さんなど関係者への
連絡も。
ラグや段ボール、ビールケースやテーブルほか
今回もまた持っていくのも多い。
これも。もう何回使ったやら。
f0234682_1617176.jpg

明日のミーティングに備え確認事項をまとめ終えた。

今日もあっという間に一日が終わる。
この数日で日入りが遅くなったような。
もうすぐ冬も終わり。
[PR]

by suikimama | 2015-02-14 16:59 | OMAR | Comments(0)
2015年 02月 10日

びくともせず。

晴れ時々曇り。雲が多い。
この冬一番の寒さ到来。ストーブが大活躍。
この小説の舞台の寒さに比べたらこの程度、と言われそうだけど、
二月は沖縄とはいえ侮れない。
f0234682_13582158.jpg

ワイルドフラワー。寒さをびくともせず、例年よりも大きく開く。
蕾も多い。見習いたい。
f0234682_14131114.jpg

オマーくんを描いてくれたm.yamさんの個展のお知らせが届く。
松屋銀座さんで来週からだそうです。お近くの方はぜひ〜
f0234682_1359745.jpg


迫ってきたイベントの準備も着々と。
皆、日に日に本領発揮。助かります。
f0234682_1413866.jpg


今月末からは文芸誌『Monkey』フェアを予定してます。
これまでのバックナンバーも揃いますのでこちらもお楽しみに。
[PR]

by suikimama | 2015-02-10 14:11 | OMAR | Comments(0)
2015年 02月 06日

イベント関連フェア。

◎2月22日(日)の「数学の演奏会+三島邦弘×森田真生」関連書籍のフェアが
那覇のジュンク堂書店さんで展開中です(3階エスカレーター横/2月21日まで)
f0234682_1884961.jpg


◯イベント予約状況
『 数学の演奏会+対談 ミシマ社代表 三島邦弘 × 独立研究者 森田真生』 in 沖縄 2015
日時:2015年2月22日(日)13時開場@普天満山神宮寺
内容:一部と二部入れ替え制

<一部>『数学の演奏会』(ショートバージョン)
<二部>『対談 ミシマ社代表・三島邦弘 × 独立研究者・森田真生 』
内容:対談&ブックトーク+ワークショップ[22世紀をテーマに、数学と出版から考えるわたしたちの未来]
定員:
一部  80名 (残41名)
二部  50名 (残19名)

[PR]

by suikimama | 2015-02-06 18:11 | イベント | Comments(0)