OMAR BOOKS

omar.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2015年 05月 30日

予習。

曇り。
資料は昨日で準備済み。
寄り道してケーキを調達。

今回の読書会は『船に乗れ!』。文庫だと上・中・下、皆さん読めただろうか。
作中に登場するデカルトやニーチェは全て揃わなくて残念。
いくら予習やってもきりがないので、
捨てるくらいの気持ちで。
あとは皆の声を聞くことに集中しよう。
f0234682_1601219.jpg

[PR]

by suikimama | 2015-05-30 10:12 | study | Comments(0)
2015年 05月 29日

紫陽花。

曇り時々雨。また暗くなってきた。
これからまたひと雨来るぞ。

昨日の大雨で庭がすっかり潤っている。
紫陽花の色が先週より濃くなっていた。少しだけお店に。
f0234682_1416666.jpg

f0234682_14162884.jpg


ようやく一つ仕上げたので、次に行こう。
再読して確認。いいものは古びない。
f0234682_1416549.jpg


大体イメージが固まったので、あとは資料作り。
雨の日は集中出来るので仕事がはかどる。
ちょうど今降り出した。
[PR]

by suikimama | 2015-05-29 14:24 | OMAR | Comments(0)
2015年 05月 28日

作品と読者に。

晴れのち曇り。雲が多い。
午後から雨降り出す。

黙々と仕事。
〆切のものも一つ送り終えたので、次にとりかかる。
資料探しも終えたので、本題に。
スムーズに行き過ぎるとあとでやり直しが出たりするので、
今回は何もありませんように。

いろいろなお誘いやご案内、取材
などがこの数日急に増える。
ありがたいけれども全ては現実的に無理なので
引き取って検討することに。
今は何より、これから取り上げることになる作品と
それを一緒に読む読者と向き合っていたい。
けっこうハードだけれど。。

つい最近、台湾の旅土産にもらったお茶を開けようか迷うも
珈琲の話を書いていたので今日は止めにする。
茶器を持って来ようかな。

懸案事項の件で連絡あり。問題ないようなので
ゴーサイン。来月までそれぞれで予習。心強い。

夜半にかけて雨が激しくなる。
-----------------------------------------------------
明日は今月4回目の最終週です↓
☆FM沖縄の番組『オリオンビアブレイク』の
今月の本の紹介を担当させて頂きました。
毎週木曜1回、計4回(全8冊)に分けて本を紹介します。
テーマを「本でこころをほどく」で選びました。
パーソナリティーの方の茨木のり子さんの詩の朗読もあります◯
聴ける方はぜひ。
[PR]

by suikimama | 2015-05-28 00:22 | OMAR | Comments(0)
2015年 05月 24日

雨の日。

どしゃ降り。昼間からヘッドライトを点けて車を走らせる。
店内も暗いせいで、照明が夜の雰囲気。

ようやくテーマが決まり、次はそれに合った本を選ぶ作業に移る。
ここまでがいつも長い。。
読書会のスケジュールもまた検討しつつ、連絡いろいろ。
読むのが追いついていない。
進行の皆さん、それぞれ進めてくれているようなので、
こちらもちょっとペースをあげよう。

昨日は久しぶりの知人が続く。違う世界の話。
一年ぶり、数ヶ月ぶりだと互いの変化が分かっていいな。
珈琲いれて、頂いたガレット。美味し。
外は雨風が吹き荒れている。
こもって仕事しよう。

『uchina vol.13』発売になりました。
f0234682_13503444.jpg

f0234682_13505479.jpg

[PR]

by suikimama | 2015-05-24 14:11 | OMAR | Comments(0)
2015年 05月 22日

出張ラジオ。

雨。空気がしっとりしている。
店内ではさっそくエアコンの除湿を稼働。

昨日の打ち合わせで、また少し進展。
可能性は可能性として残しておきたいな。
またKさん家族が出張ラジオをしてくれた。
ありがとうございます。

仕事の合間にまた課題本。
来月はこの作品を取り上げるので再読。
f0234682_13451862.jpg

この古い単行本は以前に図書館で廃棄されそうになっていたのを
救出したときのもの。表紙カバーもなく
落書きやラベルの剥がれも残っていて
どうしようかな、と思いながら手元に置いてあった。
あるときふと読み始めたら止まらなくなって、
今は好きな日記文学の一つ。
こういう出会いもあるんだな。
『富士日記』もまた読みたい。
[PR]

by suikimama | 2015-05-22 14:03 | OMAR | Comments(0)
2015年 05月 20日

小説が始まる所。

 物事の大半はほとんど、と言っていいほど計画通りにはいかない。かと思えば、行き当たりばったりに進んでみたら、緻密に考え抜かれた理想的な絵のようなものがいつのまにか浮かび上がっていることもある。だから計画しない方がいいとも簡単には言えず、それは「そのまま」でということに尽きるのかもしれない。

 自営業をやっていると「読まない」といけない。本1冊入れるにしても、企画を考えるにしても、お客さまとのやりとりにおいても、これが求められているのか、どんな反応があるのか、受け入れられるのか、伝えたいことが伝わるのか。これらを「読む」ことは本当に難しい。どれだけ想定したとしても、予想外のことはいくらでも起こりえるし、人の数だけそれはもうたくさんの答え(反応)がある。だとすれば、せめてできることはその時の自分にとっての当然を選ぶしかないんじゃないだろうか。

 古今東西の多くの小説もまた予想外の出来事を起点として、それに直面した登場人物たちの心の動きやそこから引き起こされる悲喜こもごもを描いてきた。かの偉大なドストエフスキーや夏目漱石だってそうだし、現代の作家もそれは変わらないだろう。

 読者である私たちが小説を読むのも、それが面白いからだ。「どうにもならないこと」が小説になる。ある事件が起きる。主人公が動く。それが滑稽に見えるときもあれば、涙を誘うときもある。愛情が真逆の意味合いで取られることや、美しい誤解なんていうのもある。私ならどうするだろうと重ね合わせて読む。「当然」は他の人にとって必ずしも当然ではない、ということに大人になると嫌でも気付かざるを得ない。そうなってくるとあれこれと考えた結果、やっぱり何もしない、に落ち着くことも私自身多い。

 でも、と思う。身体がどうしてもそう動いてしまう、という場合は「そのまま」それに従ってもいいはずだと。現状維持ではない方の、流れに沿った「そのまま」。まだ理屈が追い付いていないだけで、なんだかこっちに行った方がいい気がする。それは勇気のいることで、自信はいつだってないけれど。これまで出会ってきた小説の登場人物たちが、そう私に教えてくれた。

(沖縄タイムス 「唐獅子」コラム 2015.5.19掲載)
[PR]

by suikimama | 2015-05-20 18:00 | 唐獅子コラム | Comments(0)
2015年 05月 19日

芋づる式。

晴れのち曇り。
ようやく梅雨入りが近いとの予報。

本日は通常営業。
午前中は強い陽射しが差していたのに、午後になって曇り始めた。
これはひと雨来るかな。

少し先の課題本にも取りかかる。この会の進行は初めての伊波さん。
のびのびになってごめんなさい。
f0234682_14311081.jpg


来月にかけてスケジュールが詰まってきた中、
ずっと考えてた件のアイディアが運転中に少し浮かんだ。
芋づる式に出てきたので忘れないようにまとめておこう。
夏までになんとか形にしたい。
[PR]

by suikimama | 2015-05-19 14:42 | OMAR | Comments(0)
2015年 05月 14日

もっと新しい。

曇り。なかなか雨が降らない。
それもちょっとあって、原稿の差し替えなどで昨日から
ばたばたしていたのがようやく落ち着いた。

先方のいいフォローがあったのと、
普段は用いない頭を使う感じがあって
結果意外なものが引き出されて新鮮だった。

中断していた他の仕事を再開。
来月は那覇ジュンク堂さんの近くの『流球茶館』さんでも
読書会をさせて頂くことに。とても楽しみして頂いているので
いい内容にしたい。
f0234682_1728206.jpg

f0234682_1730528.jpg

また近いところの課題図書も再読終える。
この作品にして良かった、そう素直に思えた。
皆さんはどう読んでくれているだろう。

また読書会の新しい別バージョンを二つほど夏頃にやってみたいと
イメージを少しずつ固めている最中。
読書会、というものではないかもしれないな。
もっと新しい、何か。
[PR]

by suikimama | 2015-05-14 17:41 | OMAR | Comments(0)
2015年 05月 12日

優先事項。

曇り。台風、あっけなく過ぎ去る。

お店は特に被害がないのを確認し、ほっとして開店。
お問合せや取材メールなどに返信。
原稿も送り終えたので、次の件に取りかかろう。

先日の『海からの贈物』を題材にした読書会について振り返る。
そこから次に繋げられないだろうか。
またいいヒントをもらったように思う。
最近少しずつ、一人一人が「本」に関わることに足を踏み出しているのが
分かってきて嬉しい。
「私の中で、いろいろある優先事項の中で本が上位になってきました」
という言葉が聞けて良かった。
とにかく続けること。

☆魔法珈琲さんでの『OMAR BOOK CATALOG VOL.1』が
終了いたしました。
足を運んで下さった皆さま、魔法珈琲さん、ありがとうございました◎

詩人の長田弘さんの逝去のニュース。
ご冥福をお祈りいたします。
f0234682_17175716.jpg

[PR]

by suikimama | 2015-05-12 17:34 | OMAR | Comments(0)
2015年 05月 10日

所以。

曇りかと思いきや快晴。
蒸し暑かった昨日と変わって風が涼しくて気持ちいい。
母の日。朝の花屋さんの花は元気。

読書会の準備が終わったので、また小説に戻る。

爽やかに始まった一巻からの三巻中、二巻の内容が一番ハード。
でも面白いところでもあるのが、主人公が「考える」ことについて
変化が起こるから。
今までが“考えるふり”ポーズをしていたことに気付く。
そこから本当の試練が起きる。
本当の挫折を味わったことのある人は身につまされる。

でも面白いんだなあ。あえてそのつらさを物語で
通過する、というのは人が読書をする所以といえるかも。
f0234682_1243746.jpg

参加予定の方が本を読み終えてとても良かったと
CDを持ってきて下さった。チェロのカザロス。
次回、皆さんと聞こう。

さて仕事に戻らねば。

☆本日の営業は18:00までとなります。
[PR]

by suikimama | 2015-05-10 12:08 | 本棚 | Comments(0)